歯槽膿漏・歯周病の症状から治療方法まで

正しい歯磨きと、定期の歯垢除去で予防可能

歯医者での治療

 

ころころ歯ブラシ歯周病歯槽膿漏に効果的ということで、
購入に至った方、購入を検討されている方も見えるかもしれません。

 

そんな方に向けて、このページでは歯周病がどんな病気なのかを
説明したいと思います。

 

症状

 

こんなに怖い症状、知ってますか?

 

歯茎と歯の間が最近に感染して、炎症をおこすことが有ります。

 

炎症だけなら歯肉炎なので、珍しいことでは有りませんが、
この状態から悪化すると歯周病(歯槽膿漏)になります。

 

この時には歯茎や歯の組織が破壊され、ひどい場合は
歯が溶け出し、抜け落ちることになります。

 

この病気の症状について驚くことは幾つも有りますが、
日本人の8割が歯周病に罹っていることではないでしょうか。

 

また、歯を失う原因の一つにも数えられ、虫歯以上に避けたい病気です。

 

原因と予防

 

予防は可能なんですよね。

 

結論から書きますが、予防には歯石・歯垢を溜めないことです。

 

歯垢には膨大な細菌が含まれ、また繁殖することで、
歯肉炎になり、この状態が進行することで、歯周ポケットの
より奥へと進み、機能を破壊することになります。

 

歯石・歯垢を溜めないように心がけるには、毎日の歯磨きが
欠かせない
わけですが、これだけでは十分とは言えません。

 

正しい歯磨きをしても歯垢は溜まりますので、歯医者での定期健診で
除去
して下さい。

 

万が一、歯肉炎や歯周病に罹っていたとしても、早めに発見・処置をすることで、
症状が重度でなければ確実に進行を止められます。

 

下記ページでは歯の間の洗浄について記事を書きましたので、
参考になりましたら幸いです。

 

歯間に溜まる汚れに効果的なアイテム
口腔洗浄器・歯間ジェットクリーナーの口コミ

 

治療方法

 

治療方法はご存知でしたか?

 

初期症状であれば、歯科医での歯磨きの指導を受けることで、
改善を期待
できます。

 

またPMTC(歯医者での歯垢・歯石除去。歯科医へ行くと
キィィィ〜ン・・・キィィィ-ンと音がしながら、汚れを落とす機会は
どなたも経験済だと思います。)で綺麗に取り除きます。

 

同時に、歯茎からの出血、歯の同様具合等を検査しますが、
症状の進行具合が分かります。

 

歯石が上手く取れない場合は、歯茎の部分を切ってから
歯石を除去する場合もあります。読むだけで怖いですよね。

 

この進行具合が、時間の経過とともに改善されるかどうかで、
その後の処置が決まります。

 

状況が改善されない場合は、下記のような歯周外科治療が施されます。

 

フリップ法

歯垢・歯石が奥深くまで有り、完全に除去できない場合、歯茎を切り取り、
奥まで深く入り込んだ歯垢を除去。

 

治療後には、切り取った後を縫合します。

 

エムドゲインの利用

失った歯周組織の再生を試みる治療法で、エドムゲンという物質を
歯周ポケットに入れます。

 

この治療は海外でも執り行われています。

 

GTR法(組織誘導再生法)

歯の根に、メンブレンという特殊な膜をかぶせることで、膜の上の歯肉と、
膜の下の歯槽骨の回復が可能です。

 

ここまで読まれて、どう思われましたか?
とにかく面倒で費用もかかりますし、何よりも痛そうですよね。

 

知人で、歯周病になった人を知っていますが、歯科医へ通うのは大変ですし、
費用も掛かりますし、大変だと思います。良いことなんて一つも有りません。

 

検索すれば、手術の際の痛そうな画像やイラストも多数見つかりますので、
それらを見て、”自分はそうはならない”、と決心して頂くのも良いかもしれません。

 

やはり、毎日の正しい手入れで、歯周病にならないことが一番ですので、
毎日の正しい歯磨きを習慣化しましょう。