歯ぎしりの原因と直し方 心身への影響

どんな症状が?

歯ぎしりのためにマウスピースを着用する女性

 

私は昔から寝てる時に歯ぎしりをする癖が有ります。
以前は歯ぎしりくらい、なんて思っていましたが、思った以上に
色んな問題の引き金になるようです。

 

日常生活に支障をきたすほどではありませんが、煩わしい思いをしていましたので、
原因や対策、治療方法を知ったことで、楽になりました。

 

このページを読んで思い当たる節がある場合は、すぐにでも対策を立てて頂ければ、
と心から思います。

 

@詰めたものが何度も取れるので、その度に歯医者での治療が必要でした。

 

幾つかの痛みあり

 

虫歯でないのにいつも痛みがありました。

 

@慢性的に、同じ歯に痛みを感じました。

 

Aに関してですが痛みを感じるので、歯科へ通うのですが、
特に悪い箇所はない、といううことが何度も有りました。
そこで初めて歯ぎしりの癖が無いかを、指摘されました。

 

指摘されるまで気が付きませんでしたが、発生する症状として
上記に挙げた点は確実に当てはまりました。このときに初めて、
何年も分からなかった痛みの原因が歯ぎしりだと気づきました。

 

また、上記以外にも出てくる症状として、こんなものも有ります。

 

B偏頭痛
C目の奥の辺りの痛み

 

私自身の場合、偏頭痛はたまに有りますが、歯ぎしりとの関係は
証明できないので、分かりません。

 

眼の奥の痛みは、たまに有ります。

 

普段からパソコンを利用しての仕事が多いので、単純に目の疲れかもしれないですし、
こちらも上記同様に、証明できません。

 

原因と対策

 

原因は以外で対策は簡単でした。

 

一番簡単な対策は、マウスピースを装着することです。
歯医者で作っていただいたマウスピースを着用して、寝る時に利用しています。

 

私は奥歯にセラミックが入っているので、歯ぎしりや
食いしばりで、それらに継続的に余分な負荷がかからないよう
常用するようになりました。

 

歯科医へ行けば、5000円前後でオーダーメードで自分の歯に
あったサイズのものを、作ってもらえますので、チェックしてみてください。

 

上記の方法ですと割高ですが、素材等にこだわらなければ
こんな商品も有ります。このタイプも所有していますが、
問題なく使えますので、こちらも同様にお薦めいたします。

 

 

ストレスが原因だった

私自身の原因はストレスの様です。

 

特に仕事でストレスを感じていることが多くなると、歯ぎしりをする機会が
増えるようで、家族や友人に指摘されたことも有りました。

 

上記のマウスピースを利用するようになったのはつい最近のことですが、
もっと早く気づいていれば、と思わずにいられません。

 

これを着用するだけで、歯ぎしりから開放され痛みもなくなりました。
もしかしたら自分の痛みの原因は歯ぎしりかも、と思い当たる方は、
試してみてください。