ホワイトニング治療後の食事で食べたらダメなモノ

着色しないための注意点

歯を黄色くする原因になるコーヒーはホワイトニングの後、飲んではいけません。

 

歯を白くするホワイトニングについて、いくつか注意点が有ります。

 

痛みの可能性も有りますが、あっても大したものではありませんし、
ホワイトニングを受ける前に不安が解消されればと思います。

 

ホワイトニングをした後から最低でも24時間は、食べてはいけない
食品が有ります。治療後は着色しやすい状態になっていますので、
色の濃い食品は避けなければなりません。

 

24時間以内に食べてはいけないもの

 

コーラ、コーヒー、紅茶、ワイン等の飲料水。
またはカレー、濃いスープ、キムチ、マヨネーズ、
レモン、炭酸飲料など

 

タバコも控えたほうが良いと思います。

 

逆に食べても問題ない食品は、下記の通り色のついていない食品

 

白米、うどん等の麺類などの食品です。

 

他にも白身魚、牛乳、大根、白味噌、ヨーグルトなどなど、
色の白いものはほとんどが、問題ないと思われます。

 

話がずれますが、コーヒー、紅茶等は定期的に飲んでいると、
着色しやすいので、一部のアメリカ人はストローを利用して飲んでいる、
なんて話を聞きました。流石というか、なんというか。
歯の白さに対する考えの違いですよね。

 

痛みはある?

ホワイトニングを受けた際の痛みなどについても書いてみます。

 

自分自身のオフィスホワイトニングの際は、ほんの僅かに痛みがありました。
1回めは施術から3時間後くらい。

 

2回めは施術が終わってすぐ。

 

通常は無いそうですが、私の場合は知覚過敏が原因かも、
とのことでした。どちらも大した痛みではありませんでした。

 

これは個人差もあると思いますので、痛みがあるかどうかは
やってみないと分かりません。ちなみに薬を塗っていただきました。

 

ホームホワイトニングの際は、より大きな痛みが有りました。

 

この時は夜に装着して、次の日の朝に外していました。
朝8時頃に外してから、5時間後の午後1時ころに痛みがあって
「何これ」って思わず口走りました。

 

音にすると、「ピキィィィィ・・・・」って感じの痛み。
ホームホワイトニングは自宅でやっていて、この程度の痛みは
「ま、しょうがないか」と、思いましたが、これって皆あるのかな?

 

私自身がお世話になった、審美歯科医はこちらで紹介しています。

 

ホワイトエッセンスや審美歯科はどんなとこ?

 

効果の現れない歯

下記の歯には効果は現れません。

 

差し歯
神経を抜いた歯
重度のテトラサイクリンの歯

 

上記のどれかに当てはまる場合は、方法としては
セラミックラミネートベニアでを利用した治療を
受けることになるはずです。

 

施術前にカウンセリングがありますので、虫歯や知覚過敏等、
歯科医さんの診断を受けられはずです。

 

下記に当てはまる方は受けられません。

 

妊娠中の方や授乳中の方
18歳未満の方

 

以上、治療前の不安が少しでも解消されればと思います。

 

関連記事
ホームホワイトニングならオパールエッセンス
オフィスホワイトニング
ホワイトニングとセラミック治療の結果こうなった